日本の高齢化社会を救う

サービス付き高齢者向け住宅は日本の高齢化社会を救う、重要なポジションを担うと考えています。そのため社内スタッフの教育はもちろん、質の高いサービスを社会全体で供給できるよう、 事例発表会や勉強会も定期的に開催しています。

 
 
 

各棟での目標づくり

ゴールドエイジの使命を元に、各棟の全スタッフが目標づくりに参加。自ら決めた目標に向かうことで「言われたことをやる」のではなく、能動的にサービスが提供できるようになります。

スタッフ教育内容

人材育成

・マニュアル作成
・介護・看護職業倫理
・接遇・マナー
・研修
・個人指導

技術の向上

・在宅医療の考え方
・対人援助
・介護スキル
・「死」に対する
・知識教育

精神性の向上

・倫理
・尊重
・傾聴
・思いやり
・公平・中立性
・信頼関係

より質の高いサービスを提供するための研修会

認知症の方と接しケアさせていただくヘルパーとして、その方の歩まれた人生を尊重し、安心できる居場所をつくることが重要であるという事を学びます。

介護事例発表会

地域のケアマネージャー・ソーシャルワーカーへ運営の1年間の事例をフィードバックする会合を開催しています。1年間の成果の整理と振返りをすることによって、社員のモチベーションアップにもつながります。

お気軽にお問い合わせください。0248-94-4382

お問い合わせ